HEN-JIN 人科≒変人!?HEN-JIN 人科≒変人!?

HEN-JIN 2 辺人

「自ら辺境に立つ人」

何を思い国外へ飛び出したのでしょうか。異文化に触れ、他国の人々と接して、
疋田さんの感じたものとは。留学の体験と将来の展望について語っていただきました。

疋田 雄太郎

文化や価値観など、実際に触れてみてわかることがある。留学したことで、自分の中の「世界」が広がりました。

身近なことやサブカルチャーなど、なんでも研究テーマにできるというのが魅力的だと思い人科へ。だけど2年生のとき、毎日モヤモヤしていて、「とにかく日本から出たい!」というネガティブな理由(笑)で海外へ行くことに。オーストラリアの語学学校で英語力を鍛えながら、視野が広がるようなさまざまな経験ができました。そのおかげで自分の「世界」が広がり、もっとのびのび生きていいんだなと思えました。とくに感じたのは、日本のワーク・ライフ・バランスは遅れているということ。それがいまの研究テーマにもつながっています。

帰国後、自分で声をかけて、日本語を学びたい外国人留学生と英語を学びたい日本人学生を集めて、「Language Exchange」という取り組みを始めました。どちらかのコミュニティに招かれるのではなく、お互いが対等に教え合う環境をつくりたかったんです。もしいま留学しようか迷っている人は、絶対に行ったほうがいいと思います。「知る」のと「経験する」のとは、まったく別物ですから。

  • HEN-JIN 2 辺人 イメージ
  • HEN-JIN 2 辺人 イメージ
  • HEN-JIN 2 辺人 イメージ
  • HEN-JIN 2 辺人 イメージ
Profile 人間科学部 3年生(社会学科目) 疋田 雄太郎 さん

大分県立別府鶴見丘高校出身。2015年10月~2016年8月まで、オーストラリアに私費で語学留学。現在は、牟田教授のゼミに所属し、「育児休暇を取得する男性の心理」(ジェンダー論)をテーマに研究中。

インターナショナルカフェ T O P I C インターナショナルカフェ

本館1階にある交流スペースです。休憩や昼食などの憩いの場としてだけではなく、情報交換、語学やさまざまな学術向上の場、留学生を含む異文化交流の場として、学生や教職員に幅広く利用されています。トークセッションなどのイベントや勉強会なども企画・開催されています。

Graduate School of Human Sciences /
School of Human Sciences Osaka University
↑
×